村上誠のホームページへ

ムラカミマコトこぼれ話

弁護士 村上誠のブログです。

2019年10月23日(水)

作文コンクール

 私が所属する団体が、地元の小中学生から、地域の10年後の未来像(なってもらいたい姿)について、作文を募集して表彰するというイベントを開催することになり、応募されてきた作文に私も目を通す機会がありました。

 それらの作文の多くは、小学生も中学生も、心の問題に関心を寄せていることが、印象的でした。

 地域がどうなってもらいたいか、ということについては、地域が清潔で、緑などの環境が整い、住人が明るく親切で、暮らしやすくなってもらいたいとか、お年寄りや経済的に困窮している人が、差別なく、安心して暮らせるようになってもらいたい、ということが書かれていましたが、

そのためには、地域の住人の人たちの意識が変る必要があると述べられていました。

 そして、地域の住人の人たちの意識を変えるためには、地域がそのような姿になることの重要性や必要性を認識してもらう必要性があるけれども、自分達が直接そのような話をしても、聞いてもらえなかったり、関心をもってもらえなかったりするので、

まず、自分達が地域の住人の人たちと明るい挨拶を積極的に交わすことで、地域の住人の人たちが自分達や、自分達の考えに関心をもってもらえるようにして、地域の住人の人たちも自分達と一緒になって、地域の将来の姿や、そのための方策を考えてもらえるようにしたいと書かれており、非常に感心しました。

 自分の意識を変えて、行動に移すこと自体が簡単ではないのに、他人の意識を変えて、行動に移させることは更に大変です。

ですが、子供たちが、夢や希望をもって、そうしたいと述べているのを見て、少しでも子供たちの夢や希望の実現に手を貸したいと思いましたし、

私自身も意識を変えて、地域の美化や困窮者への手助けを少しでもしていかなければならないなと、改めて思いました。

Posted by murakami at 18時11分   パーマリンク

2019年10月16日(水)

運の良し悪し

私は、今から2年前、60歳の時に、舌癌が見つかり、手術を受けましたが、幸い、舌以外のリンパ節等には転移はしておらず、現在まで再発せずに過ごせており、運が良かったと思っています。
 
 ところで、私の父も、58歳の時に、舌癌が見つかり、手術を受けましたが、その時には、既にリンパ節に癌が転移しており、抗がん剤や放射線治療を受けたのですが、良くならず、その後にも癌が色々な臓器に転移し、結局、60歳のときに亡くなりましたが、運が悪かったと言えるかも知れません。
 
 人はよく、因果応報というようなことを言いますが、それでは私が運よく癌が転移する前に手術を受けられたのは、私の日ごろの行いが良く、父が運悪く、癌が転移する前に手術を受けられなかったのは、父の日ごろの行いが悪かったのかと言いますと、振り返ってみても、そのようなことは全くなく、私は結構いい加減に生きてきましたし、父は生真面目に生きてきました。
 
 そのようなことを思い返しますと、私は、運について、今では次のように考えています。

 運というのは、貯めて、使うものであり、貯まった運を使う時に、運が良いといわれ、運が貯められておらず、運が使えなかった時や、運が貯められていても、運を使わなかった時に運が悪いといわれるのではないか、と。

 また、使える運は、自分が貯めるほかにも、親祖先や関係する他の人達にも貯めてもらえるけれども、必ずしも、自分が貯まった運を使えるとは限らず、自分が使わなかった運は、そのまま子孫や関係する他の人達が使える運として持ち越されるのではないか、と。

 そして、私は、父が使わずにとって置いてくれた運を使わせてもらって、癌が転移する前に手術を受けられ、今も生かされているのではないか、と思っています。

 日本は、敗戦後、世界が驚くような奇跡的な復興を遂げたといわれますが、それも戦争で無念のうちに亡くなっていった人達や、さらにそれ以前の祖先の人達が貯めてくれた運を使わせてもらった結果ではないか、と思います。

 もっと根本的には、私たちがこの世に人として生まれ、限りある身の今、ここでこうして生きて、生きている者同士が相見えていること自体が、奇跡的に幸運なことだとすれば、その幸運を引き寄せることができたのは、私たち自身のお陰などではなく、何百年、何千年と連綿と受け継がれてきた、親祖先の人達が積重ねてきた運を使わせてもらった結果だろうと思います。

 だとしたら、私も、例え上手く行かなかったり、失敗したり、報われなかったりすることが続いたとしても、子孫や自分の関係する誰かが使える運を貯める努力を続け、死ぬときには、運を使い果たすのではなく、少しは自分の子孫や関係する誰かが使える運を貯めたままでいられるようにしたいと、思っています。

Posted by murakami at 16時50分   パーマリンク

2014年12月31日(水)

今年はどんな年だった?

今年は、皆さんにとって、どんな年だったでしょうか?

私にとっては、とてもいい年だったと思っています。

思いどおりに行かず、失敗し、振り回され、泣かされたり、何より、不安がらされました。

そんな中で、一年を振り返ってみると、気付かされたことが沢山あります。

中でも、何で不安に思うのだろうということです。

後から振り返ると、不安がらなくてもいいのに、不安がっていることが沢山ありました。

不安がるのは、事態が悪い方へ悪い方へ行くのではないか、と思ってしまうからです。

ですので、事態が好転すれば、その不安は消えるのですが、事態が好転することなどは、そうそうはなく、大抵は不安的中でした。

ただ、不安的中となっても、結果が分かってしまえば、それほど落ち込むことが少なかったのも事実です。

それなら、はじめから、事態がどうなれ、不安がらなければいいだけの話だ、とも思えてしまいます。

ただ、中々そのような心境にはなれません。

ぐずぐず事態が好転しないものかと、考え込み、必死に念じ、神頼みさえしてしまっています。

本来は、不安に思うのも、主観的な事態の捉え方ですので、事態の捉え方を変えれば、不安を消すことはできる筈です。

ですが、人には欲があり、この事態は絶対にこうなって欲しいという願望があります。

その願望がある以上は、不安も尽きないのかもしれません。

ただ、そのような願望の先にある、夢や希望の実現のためには、多くの挫折や失敗を経験しなければならないとすると、むしろ必要なのは、事態がどんない悪い方に行ったとしても、それを率直に受入れた上で、立直り、挑戦し続けることなのだろうな、と思います。

そして、信じるものは、挫折や失敗を繰返しても、最後には、夢や希望が叶う、ということなのだろうと思います。

人は弱いもので、つい弱気になり、不安に襲われ、立ちすくみ、諦めたがります。

ですが、弱いからこそ、人の温かみには大いに慰められます。

不安がる自分を受け入れ、弱気になっても、また立ち上がって、夢や希望へ向かって進む勇気を育みたいと思っています。

多くの方たちに助けられ、慰められて、何とか今年一年を過ごして来れましたことに感謝して、皆様が良いお年をお迎えくださるよう、心から祈念申し上げます。

Posted by murakami at 15時43分   パーマリンク

2014年11月28日(金)

思いどおりにならなくても大丈夫

思いどおりにならないことがあると、夢や希望がもてず、不安に苛まれたり、落込むときが誰にでもあります。

そんなときは、先々のことを考えずに、今日1日だけ、今だけをやり過ごすことを考えましょう。

ここが戦場でなくても、先々のこと、明日のことは、誰にも分からないのですから。

そのうちに、思いどおりにならなくても大丈夫、と思えるときが来るのではないか、と思います。

ニューヨーク市立大学病院の壁の落書きを引用します。

大きな事を成し遂げるために
力を与えてほしいと神に求めたら
謙遜を学ぶようにと弱さを授かった。

より偉大なことができるようにと健康を求めたのに
より良きことができるようにと病弱を与えられた。

幸せになろうとして富を求めたのに
賢明であるようにと貧困を授かった。

世の中の人々の賞賛を得ようとして成功を求めたのに
得意にならないようにと失敗を授かった。

人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるようにといのちを授かった。

求めたものは一つとして与えられなかったが
願いはすべて聞き届けられた。

神の意に添わぬ者であるにもかかわらず
心の中で言い表せないものはすべて与えられた。

私はあらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されていたのだ。

作者は不詳ですが、ベトナム戦争で心身ともに深く傷つきながら、立ち直っていった若者が書いたそうです。

Posted by murakami at 15時47分   パーマリンク

2014年11月21日(金)

不老不死の人生

西太后など、世の中の権力や富を欲しいままにした人間が次に望むのは、不老不死と言われることがあります。

不老不死が人の欲望の究極の形なのかも知れません。

ただ、しかし、不老不死が実際に得られたとしたら、それもまた怖い話なのではないか、と思います。

夏休みの宿題ではないですが、人は、期限が来る間際までは何も手をつけない、期限が切られていないと、何もやる気が起きない怠惰な性格なのではないか、と思います。

それは生存本能から来るもので、原始の自然の中では、食べていくために必要最小限でしか体を動かさず、棲み処から外へ出る機会を極力減らして、身の安全を守る必要があったことに由来しているのだろうと思います。

そうすると、もし人が不老不死になったとしたら、食べることなどの差し当たって必要なこと以外には、何もやろうとしない、仮に何かやろうと思っても、100年先、1000年先にやればいい、と考えてしまうのではないか、と思います。

そのように考えると、人に寿命があって、期限を気にしながら生きていくというのも、人類の発展にとっては必要なことですし、本人にとっても、限られた人生の中で生命を輝かせるという意味で、必要なことなのではないか、と思わされます。

限られた人生の中で、いま命があることに感謝して、精一杯を生きたいものです。

Posted by murakami at 09時38分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 弁護士 村上誠 All rights reserved.