ムラカミマコトこぼれ話

弁護士 村上誠のブログです。

2014年10月26日(日)

誰かに語りかけたいこと

「人間の心って、自然と誰かに語りかけるようにプログラムされているらしい」と言っていた作家がいましたが、確かにその通りだなあ、と思います。

昨晩は、新宿西口の炉辺焼きの店に、家内と家内の妹と行きましたが、その店の雰囲気が良くて、思い返すと、その店にいる間中、その店の雰囲気を誰かに伝えたいと思っていたのではないかな、と思い至ります。

そのような思いが、食べログの投稿記事になったり、お店の紹介記事になったりするのでしょう。

ただ、伝えたいことは、写真に撮って見せたり、値段や味を示したり、接客態度を評価するだけに止まらないのだろうと思います。

私の場合は、その炉辺に座り、家内が注文する料理を口に運びながら、炉辺の炭火の色や温もりや、部屋の照明の懐かしい色に、ただ居心地がよくて、ボーっとできたことを伝えたかったのではなかったかな、と思います。

私は、ボーっとしながら、炉辺で焼き物をしていた、ちょっとイケメンの若い男性の仕事振りを眺めていたのですが、後で家内に聞くと、家内と家内の妹は、その男性について、見た目程には若くないのではないかとか、濡れた手を前掛けで拭くより、手拭で拭くべきではないか、ということを話していたというのですが、思いは人それぞれで、語りかけたいことも人それぞれなんだなあ、と思わされました。

Posted by murakami at 16時57分

トラックバック

トラックバックURL

http://www.murakami-makoto.com/blog/tb.php?ID=165

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

10

2014


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


最近の記事

最近のコメント

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 弁護士 村上誠 All rights reserved.